Bar-Kitchen
場 所:長野県
用 途:住 宅
既存のキッチンのリノベーションである。

古びた既製品の吊り戸棚があり、天井、壁は平凡な白系のクロス貼りであった。

毎日の調理をBarにいるようなテンションで過ごせるように設計した。

クロスを剥がした後、パテ処理をして塗装をしたが、クロスもポロポロに剥がれるため非常に骨を折った。 工夫した点は、写真のように壁に2箇所穴を開けた。これは調理の時も子どもの様子を見られるようにするためである。

エキゾチックレッドに塗装された壁とブラックの艶消し仕上げの吊り戸棚によりインパクトある空間に仕上がった。
previous arrow
next arrow
Slider